古くから付き合っている友人の亜依乃に言われました。
「パトロン募集に成功すれば、ご飯に行くだけでお金がもらえる」
体の芯から、震えが湧き上がってきました。
パトロンとは何か?
肉体的な繋がりはないのか?
パトロンの作り方は?
瞬間的に、いろいろな考えが頭の中を過ぎりまくっていました。
「体の関係は全くない。無償でお金あげますってタイプの人と、食事に行くだけ」
「食事だけ?それだけ?たったそれだけ?」
「うん」
「あの、いくらぐらいもらってるの?」
「月2回の待ち合わせなんだけど、それで20万円」
腰を抜かしそうになりました。
たった2回、食事に行くだけ。
20万円もの大金が、それだけで受け取れてしまう。
「嘘だよね」
「嘘じゃないよ。本当の話」
明るい彼女の表情が、ウソを言っていないのを物語っていました。
お金がないシングルマザーの私です。
貯金が少ないシングルマザーの私です。
亜依乃の話に、夢中になってしまっていました。

 

 無料の掲示板を利用した結果、消費者金融からお金を借りさせられそうになり、大失敗をした私。
現金無償支援者なんて、都市伝説レベルの話だと考えるようになっていました。
しかし、友人は、実際に体の関係を作ることなく、高額お手当をもらえるようになっていたのです。
これを理解したとき、私にもチャンスがあるかもと、そんな気持ちになりました。
「決して、相手を探すことは無理ってことはないと思うよ。時間はかかるけどね」
現金無償支援者なんているはずもないという想像を覆す友人の経緯に、期待が膨れ上がります。
子供たちとの生活を、まともなものにする必要があります。
将来のことも考えなければいけません。
余計な対価なしに、お金助けますという男性を探せる可能性があるのです。
友人から、その極意を聞いて行こうと、真剣な気持ちになってしまいました。