Jメールもワクワクメールも、最高の場所でした。
都合の良い関係を求めているのに、冷やかしされません。
ネットの世界だと、こういう部分で悪意をぶつけてくる人たちは多くいるのに。
このアプリの中には、それがありませんでした。
それどころか、ご飯に行くだけでお金がもらえる関係を理解してくれる男性からの連絡が到着したのです。

 

 それは、Jメールでのやりとりでした。
生活が厳しく、お金がないシングルマザーの私に連絡をくれたのが、不動産投資をしている男性です。
年齢は50代後半。
「シングルマザーの生活は、とても大変なんじゃないの?」
「はい、収入が少なく、夫からの養育費も少なく、今も今後も不安ばかりなんです」
私の話を聞いてくれる人でした。
「文字だけだとなんだから、無料通話アプリ交換をしよう」
男性からの提案でした。
チャンスかもしれません。
LINE交換に応じました。

 

 高宮さんと、通話になり、いろいろな話をすることになりました。
高宮さん自身も、母子家庭育ちでシングルマザーの大変さをよく理解していたようでした。
「本当にその気だったら、食事デートに付き合ってもらえるかい?」
待っていた言葉が飛び出しました。
「とりあえず、面接で顔合わせだけしたい。短時間で大丈夫だよ」
提案され、パートの帰りに待ち合わせすることになりました。

 

 高宮さんとカフェでお話をすることになりました。
落ち着いた、包容力のある男性でした。
その時提案されたのが、都度払いの5万。
目が飛び出しそうになってしまいました。
「そうだな、月に2回程度食事に付き合ってもらえるかな?」
食事に2回行くだけで、10万円の収入。
その日、交通費として1万円も支払ってくれたのです。

 

 1週間も経過しないうちに、高宮さんからお食事の誘いを受けました。
連れて行かれたのが、高級な料理を出すお店でした。
約1時間程度のお食事の時間を経て、5万円を手渡してくれました。
「また次回もよろしくね」
「はい、よろしくお願いします」
焦り気味に答えてしまった私です。
現金無償支援者と、食事をして収入を得た瞬間でした。